株式譲渡を考えているならココ|安全に取引するコツ

男の人

事業拡大で有効な企業買収

会社

株の買い取りで買収する

株式会社というのは自社株を発行して、その資金で運営されています。自社株をたくさん保有している人が経営権を握ることができるのです。ですから会社の実権を握っている社長や会長は、常に自社株を安定した保有を目指しています。会社が事業を拡大して新たな市場を開拓する場合、企業買収という手段を取ることがあります。一から新規事業を起ち上げるよりも、すでに運営している既存の企業を買収した方が短時間で目的を達成できるからです。このような企業買収のメリットは、相手の企業の技術と市場をそのまま引き継げることです。このような企業買収の時に行われるのが株式譲渡です。買収したい企業の株式を買い取ることによって、経営権を握ることができるわけです。なぜ株式譲渡が望ましいかというと、簡単に買収ができるからです。相手企業との合意ができていれば、株式譲渡するだけで経営権を簡単に移行できます。株式譲渡は会社を売却する側にとってもメリットがあります。それは保有している自社の株券を売るので、その売却益を手にすることができるという点です。会社を売却した場合、その後の生活を考える必要があります。株式譲渡ならその後の生活を株の売却益で支えることができます。企業買収は必ずしも両者の合意の下で行われるわけではなく、反対の場合もあります。そのような場合でも株を買い占めることで買収することができます。売却側にとっては株式譲渡の方がメリットがあるわけです。