株式譲渡を考えているならココ|安全に取引するコツ

女の人

賢い経営戦略を立てる

握手

m&aでは傾いている事業や経営を立て直したり、更なる利益向上に貢献することが出来る経営戦略の一つになります。基本的にm&aでは合併と買収がメインになりますが、細分化していくと買収から株式取得が行え、そこから株式を譲渡することも可能になります。また株式ではなく事業自体の譲渡を行なったり、株式の交換という方法を展開していくことが出来るのです。m&aではこのような戦略で経営を立て直したり、新たな挑戦として利用することが出来ます。この経営戦略では行なう者同士での経営権の移動、影響の伴う経済的行いとして認識しておくと分かりやすくていいでしょう。

m&aで株式譲渡を行なった場合、会社ではなく株主が現金を受取ることが出来ます。また会社の組織としても存続が可能で資産の負債や雇用の承継なども変更はありません。しかし、事業譲渡の場合は内容が変わってきます。現金の受取は株主ではなく会社が受け取ることになっており、組織自体の運営も譲渡された側で変更や解体などが行われてしまいます。また契約に関しても譲渡された側での再契約が必要になってくるので元々事業の組織にいた方々は人事異動や解雇という可能性も出てくるでしょう。しかし、経営破綻寸前で事業譲渡が行われた場合はいい方向に進んでいく可能性もあるので、事業譲渡が一概に悪い取り組みとは言えないですね。合併の場合も似たような状況になってくるのでうまくm&aを利用して経営を回復させたり、企業の発展をさせるようにしましょう。